2020年09月24日

10月の行事予定

10月の行事予定


  • 徳島県連盟 まさかの時の対処法 11月3日 神山森林公園 9;00〜15;00
  • A,Bランク 女体山      11月11日 歩行時間5時間程度 
  • 山友ハイキング鈴が峰、妙見山  11月15日 歩行時間2時間30分
  • 山友ハイキング鬢掻山      11月18日 歩行時間3時間30分
  • Cランク   雲早山      11月22日 歩行時間6時間30分
  • Fランク   読図講習会ビク山〜龍王山 11月29日 歩行時間5〜6時間
  • 里の会    藍畑公民館    11 月28日 13:30~

posted by ヤマトモ at 11:33| 行事

2020年09月22日

会報ウィステリア10月号(9月22日発行)をPDFで。



ホームページの会員向けページに9月22日発行の10月号会報を
PDFで発行日と同時にアップしております。
会員向けページにパスワードで入って頂き、会報のリンクをクリックして
ご覧下さい。
posted by ヤマトモ at 22:16| お知らせ

2020年09月21日

2020Cランク例会 梶ヶ森

   Cランク例会 梶ヶ森(1400m)

豊永登山口・・・佐賀山集落・・・龍王之滝・・・定福寺奥ノ院・・・真名井の・・・天狗の鼻・・・梶ヶ森山頂
(復路は往路を戻りました。)
【実施日】 2020年9月20日(日曜日) 【天候】曇り時々晴れ
【メンバー】6名

 梶ヶ森は標高1400m、高知県大豊町にある山です。山頂にはアンテナ塔が並び、JR土讃線や国道32号からも
すぐそれとわかる山です。
 頂上近くまで立派な車道がとおり、誰でも簡単に登れる山です。途中には日本の滝百選にも選ばれた「龍王の滝」
があり、こちらの駐車場に車を置いて頂上を目指すのが一般的なようです。
 今回はCランクということで、JR豊永駅近くの登山口から標高差1187m、行動時間約8時間(休憩含む)、頑張って
登ってきました。

 集合場所の土成を出たときには雨でした。どうなるかと心配しましたが、高知県に入ると雨も上がり、
うっすらと陽がさしてきました。
IMGP0130.JPG

 龍神の滝です。近くに広い駐車場があります。水量も豊富で、なかなか立派な滝です。
 帰りに、ここで三匹の立派なボルゾイ犬に出合ました、一匹は「しのぶちゃん」という名で、とても
人なつっこいワンちゃんでした!
IMGP0135.JPG

 龍神の滝からは登山道の様相が一変します。
 登山道の途中にある真名井の滝を越すためには、このようなハシゴを幾つか登ります
IMGP0139.JPG

ハシゴを越えると、今度は長い階段が現れます。山頂まで1400段、これはこたえます。
IMGP0140.JPG


 天狗の鼻から見た梶ヶ森です。山頂に向かって道路が通じているのが
わかります。ここから山頂まではあと少しです。
IMGP0141.JPG

 山頂です。山頂直下にはキャンプ場もあり、車で来たグループがバーベキューを
楽しんでいました。
IMGP0149.JPG





posted by ヤマトモ at 14:19| 日記

9月例会山行Aランク、中蓮寺峰・若狭峰登頂を楽しみました!

DSC_1049.jpg

9月20日、香川県の中蓮寺峰756m・若狭峰787mを19名で仲良く登頂しました。
山友6時50分ー土成IC−徳島自動車道ー国道32号ー香川用水記念公園ー中蓮寺峰登山口9時
・・・山頂10時50分・・・若狭峰11時30分・・・中蓮寺峰12時35分・・・登山口14時
・・・徳島自動車道・・・山友17時

DSC_1039.jpg

中蓮寺峰は四国のみちでもあり、登山口からしばらく緩やかな登山道であるが紅葉橋より急登の連続です。
下見の結果、階段の多い、大麻山のでのトレーニングがとても有効であったと、皆さんよりお話がありました。
DSC_1041.jpg
DSC_1044.jpg
DSC_1046.jpg
DSC_1057.jpg

観光バス利用、バスの中ではマスク着用を。
秋の訪れは、登山を快適にしてくれます。森のにおいを楽しもうという看板があり、徳島にはない味わい方と思います。
途中登山道からは瀬戸内海、香川の街並みも楽しめました。
また訪ねたい山です。

posted by ヤマトモ at 05:05| 日記

2020年09月03日

例会山行感想 丸笹山〜赤帽子山

8月例会山行報告(Aランク)

高原散歩 丸笹山・赤帽子山

                                 記 廣野


【日 時】 2020820日(木曜日)

【天 候】 晴れ

【参加者】 7

【コースタイム】

   会事務所625 ――― 715貞光ゆうゆう館725 ――― 840夫婦池

   夫婦池900 ・・・・ 930スタートから30分地点932 ・・・・950丸笹山山頂

 丸笹山山頂1000 ・・・・1015丸笹・赤帽子分岐1025 ・・・・1125赤帽子山

   赤帽子山1145 ‥‥1300丸笹・赤帽子分岐1305 ‥‥1340夫婦池  

夫婦池1420 ――― 1542貞光ゆうゆう館1600 ――― 1655会事務所

【感 想】

今年はコロナ禍で阿波踊りが中止となり、一方、県内各所で最高気温を更新するなど酷暑が続いている。これらの困難な環境のもとで、8月Aランク例会山行が実施された。

今回は、特に別班として、7名による塔ノ丸への山行が同日日程で実施された。

当日の運営は、リーダーの計画よきを得て、スムーズであったと思う。

登山口である夫婦池の湖畔に立つと、下界の暑さとは別世界で、木々の間からの木漏れ日がまぶしいほどにすがすがしさを感じさせた。ストレッチ体操の後、右の1,700bコースに取り掛かった。途中、灌木から笹原に変わるなか、爽快な気分で歩を進めると間もなく丸笹山頂上に着いた。頂上からの展望は素晴らしく、剣山、次郎笈、三嶺

塔の丸、矢筈山が一望でき、直下にこれから向かう赤帽子山も見えた。景色を堪能した後北に進路を取った。途中、鹿の食害防除ネットが張り巡らされたエリアを通過しエリア外での鹿に食され木肌がむき出しの樹木に驚き、小規模ではあるが白骨林化したエリアの美しさ、また、笹原の中に時折見かけるシコクフウロの可憐さに心をときめかせながら細い道のアップダウンを繰り返し、最後の急坂を喘ぎながら、登りきると赤帽子山山頂だった。「いよいよ待望のお弁当だ、ゆっくり食べよう」と思ったが、そうは問屋が卸さない。空はにわかにかき曇り、霧が立ち込め、山の景色が徐々に薄く、ついには見えなくなってしまった。早々の食事を終え、急ぎ気味での下山を開始せざるを得なかった。しばらく山を下っていくうちに天気も回復し、山々も明るさを取り戻した。丸笹と赤帽子の分岐を過ぎると、山犬嶽のような苔むした大小の岩や木々の中を歩くことになり

今までと全く異なった景色を見ることができ、感動的であった。

今回の山行は、総じて、いろいろな場面を体験させていただいた。

最後に、今回の山行は、多くの経験豊かな役員さんも参加されており、万全の態勢下での行事推進であったことに心からお礼を申し上げ、感想としたい。

posted by ヤマトモ at 19:37| 2020年の例会山行