2022年05月16日

大川原高原

2022年5月15日(日曜日)【曇り】山友ハイキング  21名参加

大川原高原の花の散策
コースタイム(大川原高原駐車場10:00/10:20…12:00/12:10お紋さんのお墓…旭ヶ丸山頂12:40/12/45…展望台13:00昼食後解散)

マスクをはずしての自己紹介
大川原高原4.JPG

ザックが散らかっておりますが、ストレッチを
大川原高原6.JPG

雨あがりの新緑は一段と美しいです。
大川原高原13.JPG

お紋さんのお墓前で説明を聞いています。皆さんメモを取り真剣に。
大川原高原9.JPG

オンツツジは落下盛んでた。
CIMG4622.JPG

目的の旭が丸一等三角点
大川原高原11.JPG

少し遅めの楽しい昼食です。
大川原高原16.JPG
あめがパラパラ降り出し急遽下山開始


posted by ヤマトモ at 11:02| 日記

2022年05月09日

Cランク例会 石鎚山から二ノ森

【実施日】2022年5月7日(土)〜8日(日)
【天 候】7日:晴れ時々曇り 8日:晴れ
【参加者】10名
【コース】
 <7日>
 面河渓渓泉亭−霧ヶ迫−面河山の肩−愛大小屋
 −弥山−天狗岳-石鎚神社頂上山荘
 <8日>
 石鎚神社頂上山荘−二ノ森−五代の別れ−堂ヶ森
 −梅ヶ市登山口

 石鎚山へは北の成就社または東の土小屋から登るのが
 一般的です。しかし今回は石鎚山系の自然を満喫するため、
 原生林の残る面河コースから石鎚山に登り、頂上小屋で一泊
 翌日、二ノ森から堂ヶ森へと続く広大な笹尾根を歩いて、
 梅ヶ市登山口に下山しました。
img023 (2).bmp 
 
 面河渓にある渓泉亭で貸切バを下りスタートです。
 川沿いに遊歩道を30分ほど遡ると登山口に着きます。
DSC01005.JPG 
 
 登り始めから2時間ほどは急登が続きます。
 危険箇所には木橋が架けられています。 
DSC01014.JPG 

 急登が終わり面河山の肩のあたりに出ると、
 視界が開け開けアケボノツツジの向こうに
 石鎚山の岩峰が姿をあらわしました。
DSC01029.JPG

 岩黒山と筒上山です。土小屋も見えます。 
DSC01032.JPG

 愛大小屋を過ぎると所々崩壊箇所を
 通過します。ロープでバランスを
 とりながら慎重に通ります。
DSC01036.JPG 
 
 山頂が近づいてきました。頂上小屋が見えます。
DSC01040.JPG 

 最後の三ノ鎖を通って弥山山頂に立ちました。
 創立30周年記念の横断幕を前に記念撮影です。
DSC01044.JPG

 この後、石鎚山の最高地点(1982m)天狗岳を
 往復しました。
 両側が切れ落ちた岩尾根歩きはスリル満点でした。
DSC01049.JPG
 
 頂上小屋はコロナ対策で人数制限しており、
 この日の泊まり客は私達10人を含め18人で
 した。
 翌日、きれいに笹が刈り払われた縦走路を
 二ノ森に向かって出発です。空がすっかり
 晴れ渡り絶好の縦走日和になりました。
DSC01074.JPG

 二ノ森が近づきます。
DSC01080.JPG
 
 二ノ森山頂で記念撮影です。
 二ノ森は石鎚山に比べて
 知名度は低いですが、山頂には一等三角点
 が置かれ、手つかずの大自然が残り
 山頂に立つと360度の展望が楽しめる
 名峰です。
DSC01083.JPG

 二ノ森山頂から歩いてた稜線を振り
 返ります。西ノ冠岳から天狗岳に
 かけて連なる岩峰が一望されます。
DSC01086.JPG

 堂ヶ森に向かって快適な笹尾根歩き
 の始まりです。
DSC01089.JPG 
 
 反射板がたつ堂ヶ森が見えてきました。
DSC01093.JPG
 
 途中アケボノツツジが群生する断崖のそばを
 通ります。とても近づけません。
DSC01097.JPG

 ウラジロモミの点在する
 笹原の縦走路を振り返ります。
 遠く石鎚山も見えます。
DSC01101.JPG

 堂ヶ森山頂です。反射板は興ざめです。 
DSC01102.JPG

 堂ヶ森からバスの待つ梅ヶ市登山口までは
 約2時間、本当に長い長い下り道でした。
DSC01106.JPG 
posted by ヤマトモ at 14:11| 日記

2022年05月05日

阿波竜王山付近の花の散策


山友ハイキング(17名参加)
2022年4月30日 (晴れ)
コースタイム 会事務所8:50ー貞光道の駅9:50ー竜王山駐車場10:50/11:00…讃岐縦走路…電波塔11:45
竜王山峠…一等三角点12:25(昼食)13:00…駐車場14:00/14:15ー貞光道の駅15:00ー会事務所16:00

今回の山行は花の散策が大きな目的であり、どんな小さな草花も見逃さず皆さんメモを取り熱心に聞いていました。
まず、山友恒例のストレッチから〜
竜王山1.JPG

新緑の中草花を探しながらゆっくり歩きます。
CIMG4568.JPG
チゴユリ
竜王山3.JPG
アケボノスミレ
竜王山7.JPG
ルイヨウショウマ
竜王山6.JPG
ニシキゴロモ
竜王山11.JPG
ケスハマソウ
竜王山9.JPG
ゆっくり希少植物を散策しながらの山行も楽しいです。







posted by ヤマトモ at 15:38| 日記

2022年04月26日

Cランク例会 奥工石山(1516m) <一等三角点百名山>

【実施日】2022年4月25日(月)
【天 候】晴れ時々曇り
【参加者】7名
奥工石山は高知県本山町北部に位置する標高1516mの山です。
この地に逃れた平家の落人が「この石が喰えるものならば」
と嘆いたところからついた「喰石山」が転化したという名の由来
が残っています。
春のアケボノツツジ、ミツバツツジやシャクナゲ、秋の紅葉が
有名で、多くの登山者で賑わいます。
ただアプローチに難があり、いくつかある登山口に向かう
林道はいずれも悪路です。

白髪林道を経て竜王峠へ向かいます。
竜王峠から見た奥工石山山頂方面です。
この後ガスが捲いてきて眺望が無くなってしまいました。
IMG_3594.JPG

今回は竜王林道登山口に車を置いて頂上へ向かいます。
中腹には苔むした岩場や、ブナの大木、バイケイソウの群落
が見られました。
山頂南側の高知県天然記念物「紅簾石英片岩」の大露頭を経由して
奥工石山山頂に到着です。山頂には今回のテーマである
一等三角点が置かれており、一等三角点百名山に選ばれています。
IMG_3631.JPG

山頂からすこし下ったところにある「ユルギ岩」です。
この上で昼食をとりましたが、高さ10m以上あり
スリル満点です。
IMG_3639.JPG

ユルギ岩に咲いているアケボノツツジです。
IMG_3638.JPG

下山路の尾根筋にはアケボノツツジやミツバツツジ
の競演が見られました。
IMG_3654.JPG




  
 
posted by ヤマトモ at 11:45| 日記

2022年04月25日

5月の予定表

  
・5月1日(日) 高越山ランク登録登山 7:00〜
・5月7日(土) Cランク(石鎚山・二の森CL河野)
  〜8日 (日)      ↓
・5月9日(月) リーダー会議 山行部会 9:30〜 会事務所
・5月11日(水) ホームシアター 13:30〜 会事務所
         社会事業部会
・5月12日(木) 高越山登録登山 7:00〜
         機関誌部会(第1回編集会議)19:30〜
・5月15日(日) 山友H(大川原高原CL佐賀康夫)
・5月19日(木) 白山計画会 9:30〜 会事務所
         機関誌部会(第2回編集会議19:30〜)
・5月21日(土) くじゅう連山実行委員会 10:00〜 会事務所
・5月24日(火) 機関誌部会(6月号製本発行)19:30〜
・5月25日(水) 事務局会議 14:00〜 会事務所
         三役会議 16:00〜 会事務所
・5月28日(土) 運営委員会 9:30〜 会事務所
         里の会 13:30〜 藍畑公民館
         安全対策委員会 15:00〜 会事務所


posted by ヤマトモ at 20:39| 日記